溶接ヘルメットが動作しているかどうかを知るにはどうすればよいですか?

溶接は、物、通常は金属を高熱で融合させるプロセスです。

これは、家具などの小さなプロジェクトに使用することができ、橋を建設するまでのすべての方法を作業します。

プロジェクトに関係なく、溶接のプロセスは非常に危険です。 溶接は、有害な紫外線を放射する強烈な熱を使用しています。

作業溶接機

板金加工会社をチェックしてください

溶接ヘルメットが機能しているかどうかをどのようにテストできますか? 溶接ヘルメットが動作しているかどうかを確認するために取ることができる多くの手順があります。 ヘルメットが効果的に動作していない場合、それはあなたの視力と全体的な健康に強烈な損傷を引き起こす可能性があります。 前と後の注意事項が重要です。

彼らが取り組んでいる溶接プロジェクトの種類に基づいて身に着けることができる異なるヘルメットがあります。 レンズの変更は頻繁にすることができ、キーは、これらのレンズが安全であることを確認し、あなたが光、火花、および熱の強さから身を守ることができる

目次

ヘルメットには、パッシブ溶接ヘルメットと自動暗くヘルメットの2つの主なタイプがあります。 受動の溶接のヘルメットは溶接の間に出るライトに基づいて緩和するか、または暗くなるために自動暗くなるヘルメットがコンピュータ化される間、

どちらのヘルメットタイプも、有害な光や熱から身を守るのに有効です。 ただし、ヘルメットに応じて、動作しているかどうかをテストする手順はわずかに異なります。

あなたがプロや趣味の溶接機であるかどうか、それはあなたが信頼し、頼ることができる品質の溶接ヘルメットを持っていることは非常に重要で 結局のところ、あなたの溶接ヘルメットは、最終的に溶接から来るすべての光線と熱からあなたの顔、頭、首を保護している唯一のものです。

私は最近、新しい自動暗く溶接ヘルメットを購入したとき、私は溶接を開始する前に、それが動作することを確認したいと思っていました。 私は機能をテストする方法がわからなかったので、私はインターネット上で包括的な研究を行いました。

そうは言っても、自動暗くなる溶接ヘルメットは市場で最新の絶賛となっています。 しかし、いかに質の自動暗くなる溶接のヘルメットがあることを確かめてもいいですか。 それはこのガイドがステップインする場所です! あなたは以下のあなたの自動暗く溶接ヘルメットをテストするために取ることができる8つの簡単な手順をチェックしてください!

ここでは、自動暗くなる溶接ヘルメットをテストする方法について私が見つけたことの完全な要約を見つけるでしょう:

異なるレンズは何ですか?

ほとんどの溶接機は、鋼からアルミニウムまでの材料の配列を使用するなど、異なるプロセスと技術を使用しています。 それは言われて、異なった技術およびプロセスは保護の異なった量を要求する。

だからあなたの自動暗くなる溶接のヘルメットは異なった調節可能なレンズを持たなければならない。 一般的に、現代の溶接ヘルメットは、レベル9からレベル13の範囲のレンズを備えています。 この範囲は産業大きさで分類された溶接のプロジェクトと同様、小さい溶接のプロジェクトのために完全、である。

自動暗くなる溶接ヘルメットのテスト方法を決定するために最初にすべきことの一つは、異なるレンズを見直すことです。 溶接機はさまざまな技術とプロセスを使用することで知られているため、溶接ヘルメットには調整可能な機能を備えたレンズがあることが重要 例えば、今日のヘルメットは大きい産業プロジェクトに小さいのために最もよい9から13のレベルまで及ぶレンズとなされる。

なぜタイプパワーを知ることが重要なのですか?

自動黒化溶接ヘルメットには、いくつかの異なる方法があります。 一部の溶接ヘルメットは、厳密に太陽電池または電池駆動のいずれかであるか、または両方の組み合わせを使用する非交換可能な電池を利用する。 あなたはバッテリーの交換を心配する必要はありませんので、これらのヘルメットは素晴らしいです。

残念ながら、バッテリーが死んだとき、あなたのヘルメット全体は実質的に役に立たない。 だから、あなたは最も可能性の高い新しい溶接ヘルメットを購入する必要があります。 一方では、ある溶接のヘルメットは取り替え可能な電池を利用する。 あなたは最終的に電池を交換する必要がありますが、これらのヘルメットは、通常、より耐久性と応答性があります。

溶接ヘルメットの業界標準は何ですか?

新しい自動暗くなる溶接のヘルメットを購入する時はいつでも、少なくとも業界標準に合うべきです。 現在、自動暗くなる溶接のヘルメットはANSI Z87.1-2003の標準に合わなければなりません。 これはあらゆる証明された自動暗くなる溶接のヘルメットを含んでいることを意味します:

  • 23の華氏温度から131の華氏温度まで及ぶ環境で支え、作動する機能。
  • 赤外線の最小量をフィルタします。
  • は完全な紫外線保護を持っています。
  • 何かが飛んでヘルメットに当たった場合に影響を維持します。

彼らは耐久性、強度、および有効性を実証するためにテストからのデータをバックアップしました。

なぜ感度を考慮する必要があるのですか?

感度は、自動暗くなる溶接ヘルメットの最も重要な側面の1つです。 製造業者がほとんどの自動暗くなる溶接のヘルメットが調節可能なノブを含んでいる理由である感受性の右の量を前処理することは困難である。

溶接ヘルメットの感度をテストすると、光の変化に適切に対応できるはずです。 しかし、あなたの溶接ヘルメットは、光のわずかな増加だけで暗くなるほど敏感であってはなりません。

反応速度を知ることは重要ですか?

大きな火花はいつでも発生する可能性があります。 そのため、反応速度は非常に重要です。 参照のために、1/2500ths秒は信頼できる溶接のヘルメットのための通常の標準です。 あなたの溶接ヘルメットはそれよりも長くかかる場合、それはまだ良い溶接ヘルメットかもしれませんが、それはおそらく最高の自動暗く溶接ヘル

この時間は非常に速いので、あなたのヘルメットの反応時間を時間を計るのは難しいです。 溶接ヘルメットにこの反応速度があるかどうかを最終的に判断するには、2つの方法があります。

まず、溶接ヘルメットのマニュアルを参照してください。 マニュアルはヘルメットの反作用の速度のような細目を、記述し、定義するべきである。 その後、テストにあなたのヘルメットを置きます。 前述のように、推奨反応速度は非常に速いです。 したがって、反応速度が業界標準に達していないかどうかに気付くことができます。

チェックアウトAustgensツールルーム

私は溶接ヘルメットの重量を量る必要がありますか?

どの質の溶接のヘルメットでも軽量、特に自動暗くなる溶接のヘルメットです。 これは質の溶接のヘルメットが密または軽量ではない最上質材料を使用するのである。

軽量溶接ヘルメットは、多くのかさばるヘルメットが使用するデザインである、あなたの頭に合うように設計されているので、素晴らしいです。 また、軽量の溶接のヘルメットに通常長期摩耗をより我慢できるようにするplusherのパッディングがあります。

全体的に、軽量の自動暗くなる溶接のヘルメットと、首の緊張か頭部の疲労を心配しないでほしいと思う限りのために溶接できる。

ヘルメットの視認性を確認する必要がありますか?

溶接ヘルメットは、最適な視認性がなければ、最終的には無意味です。 結局のところ、あなたのヘルメットから見ることができない場合は、どのように溶接することになっていますか?

それはあなたの溶接ヘルメットの可視性を探求することが非常に重要である理由です! もちろん、最初に溶接ヘルメットを着用したときに、すべてをはっきりと見ることができるはずです。 しかし、自動暗くなる機能が機能するので、あなたの可視性をチェックすることも良いことです。

つまり、レンズが極端に暗いときは、環境が正常なときと同じようにはっきりと見えるので、自動暗く機能が動作していませんか? もしそうなら、あなたは品質の自動暗く溶接ヘルメットを持っています。 残念ながら、レンズが暗くなったときにはっきりと見えない場合は、別の自動暗くなる溶接ヘルメットの購入を検討する必要があります。

なぜsunテストを使用する必要があるのですか?

太陽テストはあなたの溶接のヘルメットの特徴すべてが一緒に働くように要求するのであなたの自動暗くなる溶接のヘルメットの質をテス

溶接しようとしている場合と同じように、ヘルメットを簡単に着用してください。 その後、外に向かい、快適な場所に入ります。 太陽の方の一見はあなたのレンズがいかに反応するか見。 あなたのヘルメットが耐久性と反応性であれば、あなたのレンズは暗くなるはずです。

次に、太陽の方を見て、ゆっくりと手を顔の前に動かしてください。 あなたの手がゆっくりと動いているので、あなたの自動暗くなる溶接ヘルメットはまだ光を登録する必要があります。 したがって、あなたのレンズは暗くなり、暗いままになるはずです。 そうでない場合は、自動暗くなる溶接ヘルメットを固定するか、ヘルメットを完全に交換することを検討する必要があります。

コードを確認する必要がありますか?

ANSI/ISEA Z87.1-2015は、ヘルメットが遵守すべき現在の標準です。

国際安全装置協会は、溶接ヘルメットが安全で効果的であることを確認するために、これらの基準を設定しました。

この規制は、新技術が市場に登場するにつれて更新される可能性があります。 溶接するように試みる前にあなたのヘルメットがこれらの指定に一致させることを確かめなさい。

コードに準拠していないヘルメットは、あなたの健康に非常に危険な可能性があります。

あなたの溶接のヘルメットがよく合うことを確かめたいと思う! これはあなたのビジョンだけでなく、安全性に影響を与える可能性があるので、それがあまりにも緩いか、あまりにもタイトにしたくありません。

溶接ヘルメットのフィッティングはどうすればいいですか?

あなたの溶接ヘルメットがよく合うことを確かめたいと思う。 これはあなたのビジョンだけでなく、安全性に影響を与える可能性があるので、それがあまりにも緩いか、あまりにもタイトにしたくありません。

緩すぎると、首の部分を露出させたり、レンズを通して鮮明な視力を失ったりする危険性があります。 あまりにもタイトなヘルメットは、時間の長い期間のために働くときに不快なことがあります。 安全を保障するには余りにも緩くよりもむしろ余りにきちんとしたのの方に常に傾きなさい。 あなたのヘルメットはあなたの首のスナップが付いている場所にかちりと鳴るべきである。

ヘルメットが首を下にスナップして下がらない場合は、側面を締めて所定の位置に保持するか、ヘルメットに欠陥がある可能性があります。

この下向きの位置決めは、溶接中に顔を覆うために重要です。 溶接工は彼らのワークスペースを見、正しい位置にヘルメットを置くために彼らの首を止め、そして溶接を始める。

ヘルメットがダウンする前に炎が金属と出会うと、”閃光”が発生します。”これは強烈な光と紫外線への暴露です。 これは信じられないほど危険であり、あなたのビジョンに悪影響を与える可能性があります。

レンズの選択とセキュリティはどうすればいいですか?

あなたがやっている溶接の種類は、多くの場合、あなたが必要とするレンズを決定します。

レンズは、多くの場合、より低いアンペア数(電流の強さ)のための#9から#13高いアンペア数のアプリケーションまでの範囲です。

溶接に最適なマスクは何ですか?

あなたの溶接の仕事はどのレンズを必要とするか定めます。

オートダークニングヘルメットは、より高いアンペア数に調整するように設計されているため、レンズを切り替える必要がありません。

また、パッシブヘルメット用のレンズが正しく設定されていることを確認する必要があります。

不適切な配置は、目の損傷を引き起こす可能性があります。

私のヘルメットは目の疲れを得ればよく働いていますか?

あなたの溶接ヘルメットが動作していないことを最も明白な指標は、あなたが目の疲労を開発した場合になります。

目の疲れは、使用されているレンズには強すぎる光との接触による目の負担です。

目の疲労は、目の痛み、頭痛、ぼやけた視力、および/または複視によって現れることがあります。 あなたはこれらの症状のいずれかが発生した場合は、すぐにレンズを調整する必要があります。

多くの溶接工は、溶接ヘルメットの下に保護シースルー眼鏡を着用しています。 これは可視性を妨げないが、代りに有害な紫外線からの保護の別の層を作成する。

ヘルメットがうまく機能しているかどうかを確認するためにアークを打つ必要がありますか?

警告、この方法は溶接機のフラッシュを取得する危険性があります。

ヘルメットが動作すると確信している場合は、アークを打ち、溶接を開始することができます。 あなたの溶接フードはすぐに暗くなるはずです、そしてあなたが溶接プールを直接見ることは快適でなければなりません。

すべてが正しければ、アークからの光は、溶接している場所を見ることができるように明るすぎないようにする必要があります。

溶接を停止すると、ヘルメットのシェードレベルの変化に気づくはずです。

なぜIRリモコンを使用すればよいのですか?

溶接ヘルメットはUVだけでなくIR光も遮断するため、標準のTVまたはHIFIリモコン(または同様のもの)で自動暗くなる溶接ヘルメットをテストするこ IR信号で動作するリモコンが必要です。

あなたの溶接フードを置き、それを見てください。 リモコンのライトダイオードを見て(リモコンを頭に向ける)、任意のボタンを押します。

ボタンを押す限り、溶接ヘルメットは暗い状態にあるはずです。 何も起こらなければ、それはまたあなたのヘルメットの感受性が余りに低いことであることができる。 できるだけ高くしてみてください。

さらに、パルス信号を送信するリモコンがあれば、ヘルメットが点滅する可能性があります。 脈打った信号のために明滅を避けるためには、あなたの溶接のヘルメットの遅れ時間を増加して下さい。

この方法がうまくいかない場合は、リモコンが動作していることを確認し、IRリモコンであるかどうかをマニュアルで確認してください。

グラインドモードとは?

一部のマスクには、自動黒ずみセンサーを有効にしながら無効にする、いわゆるグラインドモードがあります。 これは9-15の高い陰のレベルを必要としない仕事のために有用である。 溶接ゴーグルをテストするときは、グラインドモードがオフになっていることを確認してください。

溶接ヘルメットをテストするには?

トーチストライカーを使用する

自動暗くなる溶接ヘルメットをテストする簡単な方法は、オキシ-アセチレントーチを点灯させるために使用されるトーチストライクを使用することです。

ストライカーを使用して、いくつかの火花を作成します。 あなたの溶接ヘルメットのセンサーは即座に火花に気づくはずであり、あなたのヘルメットはダークモードに切り替える必要があります。

シガレットライターを使用してください

シガレットライター法は、すべての喫煙者のための良い方法です:あなたのクールな溶接マスクが動作するかどうかを確認するためにあなたのシガレットライターを使用してください。

太陽や明るい頭上のライトを見てください

もう一つのアイデアは、ヘルメットがダークモードに切り替わるかどうかを確認することです。

ヘルメットの電池をテスト

内部に電池がある自動暗くなる溶接ヘルメットを所有している場合は、それらを取り外します。 金属の接触を点検し、働くことを確かめるために電池のテスターにそれらを置いて下さい。

ベストプラズマカッターの口コミをチェックする: トップ8of2020

溶接作業を始める前に、溶接ヘルメットがまだ正常に動作しているかどうかを常に確認する必要があります。 どうして? まあ、それが動作を停止している可能性がいくつかの理由があります。

空のバッテリー

電源がなければ、あなたの自動暗くなる溶接ヘルメットは動作しません。

だから、多分あなたはヘルメットの電池を充電する太陽電池溶接ヘルメットを持っています。 しばらくヘルメットを使用していない場合は、バッテリーが充電されるまで15分間ヘルメットを外に置く必要がある可能性があります。 時々、溶接のヘルメットはケーブルによって再充電されます。 それを接続し、それを充電します。

電池の寿命は限られています。 それはあなたが完全にたまには電池を交換する必要があることは珍しいことではありません。

損傷したセンサー

ヘルメットの光センサーが損傷したり汚れたりした場合、アークに気付かず、ヘルメットはダークモードに切り替わりません。

破損したシェード

あなたのADFシェードがもう機能していない可能性があります。 この場合、交換が必要になります。

自動黒ずみフィルター

溶接ヘルメットに自動黒ずみフィルターがあることを確認してください。 この特徴は十分なライトだけ提供され、吸収されるのであらゆる損傷からあなたの目の保護で助けます。

それはまたトーチの取り替えの間で溶接のヘルメットを上下に弾く必要性を減らす。 従って必要性が起こるときあなたの溶接のヘルメットを上下に停止し、弾く必要がないのであなたの生産性率は後押しされる。

快適さは、自動暗くなる溶接ヘルメットを選択する際の重要な考慮事項です。 あなたは、したがって、それが快適にあなたに合うことを確認するためにヘルメットを試してみてください。

レンズの上に頭を置き、レンズを通して見てみてください。 自動暗くなる陰は常に暗くされて残るべきでありこれは軽い漏出がないことを示します。

額で標準的なsweatbandを点検するべきですあなたの目からの汗を保ち、またあなたの慰めを高めるには十分に柔らかく、吸収性べきです。

また、ヘルメットが動作することを確認するために弧を描くようにしてください。 ヘルメットはまた、自動スイッチボタンを持っている必要があります。 ヘルメットのシェルは、電気、熱、衝撃に強い材料を持っている必要があります。 それは光がそれによってdimedされるように不透明でなければなりません。

外カバーは傷および耐衝撃性のポリカーボネートのプラスチックから紫外線放射から保護することを可能にするために成っているべきです。 フィルターレンズはガラス製で、目を通過する光を自動的に制御するフィルターが含まれている必要があります。

各フィルタは、それが通過させる異なる量を持ち、#2から#13 0r14までの色合いになります。 数値が高くなるにつれて、フィルターは暗くなり、レンズを通過する光が少なくなります。

リテーナーレンズは、目に入ることから壊れる可能性のあるフィルターレンズからの部分を停止するようにプラスチック製でなければなりません。

ガスケットは、熱に対して絶縁され、フィルターレンズとカバーレンズの間にある材料から作られるべきである。

これは、溶接機とレンズを突然の熱変化から保護するのに非常に役立ちます。 良いヘルメットは、これらのすべての機能を持っています。

自動暗くなるヘルメットは300-400ドルの間の費用がかかり、それはあなたにそんなに悪化を保存するので、それはコストが何でも価値があります。 そして生活のために溶接すれば、ヘルメットの費用を考慮してはいけない、ちょうど最もよい保証の最もよい特徴が付いているヘルメットを得なさい。

全体的に、右の自動暗くなる溶接ヘルメットを見つけることは非常に困難な場合があります。 しかし、あなたの自動暗くなる溶接のヘルメットをテストすることは容易である。 あなたの溶接ヘルメットが耐久性と信頼性があるかどうかを二番目に推測しているのであれば、単にそれをテストするために、このガイドを使用

私達の自動暗くなる溶接のヘルメットはあなたのお金の価値を実際に与えます。 一般的なルールとして、溶接ヘルメットに多くを費やすことは、快適さを高め、溶接能力を向上させ、より高品質の溶接をもたらし、安全を確保します。

それは投資する価値があり、あなたはあなたの仕事を楽しむことができますので安心してください。 あなたが溶接機の愛好家のタイプであれば、自動暗く溶接ヘルメットを取得すると、あなたの仕事は素晴らしい経験になり、なぜあなたがそれを早く

このヘルメットを使用すると、トリガーを引き出す前に銃が指されている場所を正確に見ることができ、これにより研削の多くを節約し、全体のプロセ また、あなたの顔は常に覆われているので、怪我が軽減されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。